×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MENU

商談を振り出しに戻すような要望

一方で、注文書とはすなわち相手の要望を構えることを記した書面であり、法律行為ではないのです。

 

だからといって、トラブルが起きやすい中古車売買の場合であれば、契約違反や法的補償のないものにしておかないと、ディーラーは自分の首を絞めることになりかねないのです。

 

署名や捺印をする前の一言ここまで来て、商談を振り出しに戻すような要望を出すの問題ですが、セールスマンがしょうがないなあと思えるほどのわがままを言った方が良いです。

 

せっかく書き上げた注文書をまた書き直さなければいけないことがあった場合であれば、お金の注文ではなく、サービスやオプション品をつけるのが最も賢い方法なのです。もういい加減にしてくれ、と担当セールスマンに言われないように、自分自身にではなく、ある人に協力を求めるのもいいです。

 

自分が最終的に契約を渋っているような場合であれば、横からお姉さんにそれじゃあ最後に00を付けた後で契約をしてましょなど声を行ってもらうのも効果的です20000円前後のサービスであれば、すぐに了解してくれるでしょう。